新着記事

2008年05月11日

5-11-2008

第二の人生原村で
読売新聞
地元の不動産業者やペンション経営者ら15人が研修を受けた上で、先月から「田舎暮らし案内人」として活動している。今年度は、東京と名古屋に出掛け、「 田舎暮らし出張相談会」を開く予定だ。昨年10月には、1泊2日で村内を見てもらう「現地ツアー」を実施。 ...
このトピックに関する記事をすべて表示する かやぶき民家、自費で再生へ
京都新聞
兵庫県出身の西尾さんは京都市内の大学を卒業後、田舎暮らしと職人の世界に興味を持ち、同町内の建築会社でかやぶきの修行をした。一時期、亀岡市内の住宅会社で営業も体験したが、現在は屋根職人として独り立ちしている。再生に取り組んでいるのは自宅近くのかやぶき ...
このトピックに関する記事をすべて表示する 恐竜効果、次の一手は? 丹波市が「丹波竜の里計画」
神戸新聞
ハード整備は展望台や遊歩道の設置などにとどめ、田舎暮らしを垣間見たり、自然を学んだりできる地域としての魅力を磨いていくという内容。宿泊施設として空き家を利用するなどのアイデアも盛り込んだ。「地元でさえ恐竜は浸透してない。恐竜で住民は動かへんで」 三月 ...
このトピックに関する記事をすべて表示する 移住「支援ネット」誕生 上天草市 希望者同士で交流 田舎暮らしの不安解消
西日本新聞
市への定住を決めた6家族9人が参加し、お互いに親交を深め合うと同時に、田舎暮らしの“先輩”として、移住を希望する都市住民の相談に応じる。市は人口減に歯止めをかけて地域の活力を取り戻そうと、都会に暮らす団塊世代をターゲットに田舎暮らしを後押しする対策を ...
このトピックに関する記事をすべて表示する 東京から一時間の田舎暮らし! 「湘南番外地スローライフ」
マイコミジャーナル
東京で暮らしていた子どものころ、家のそばに荒川の河川敷があった。そこには小さな池が点在していて、父や祖父に釣れられて、よく釣りに行った。大きな獲物はコイやフナ、たまにライギョ。釣りの合間に、竹製の柱を十文字に交差させて網を張った"四つ手網"と呼ばれる箱型 ...
このトピックに関する記事をすべて表示する 「100坪実験農場」開園 伊那でIターン者ら10組参加
信濃毎日新聞
条件がぴったりでした」2年半前に田舎暮らしを求め東京からIターンした飯島町七久保の石田忠義さん(41)、千瑞子さん(39)夫妻は、喫茶店の開店が目標だ。「農業を通じて地域のことを知りたい。いずれは自作の食材を店で使いたい」と忠義さん。 ...
このトピックに関する記事をすべて表示する 盛岡市が規制緩和へ 市街化調整区域
岩手日報
田舎暮らしを求める団塊世代や就農を希望する担い手などの受け入れを可能にして、土地利用の活性化や集落維持につなげる。市議会12月定例会をめどに提案し、来年4月の施行を目指す。市は、市街化調整区域内で、新規居住者らの住宅建築が可能となるような規制緩和を ...
このトピックに関する記事をすべて表示する


posted by Mark at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
大丸通信販売 Dmall.jp (大丸ホームショッピング)ゆかたを贈ろう
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。