新着記事

2007年04月02日

元商社マンは南紀・白浜の温泉付き住宅地に定住(4)

白浜移住については、奥さんにも考えてもらった。

すでに二人の子は育ち、子育てからも解放されたとあって、
ことさら異を唱えなかったという。

家屋の裏には百三十坪の町有林が広がっている。庭は菜園に
なっていて、ナスやキュウリなど野菜のほかに四十本の果樹が
植えられている。

なるほど風光明媚ではあるが、走りつづけてきた元商社マン
からすると、こののどかさはときに退屈をもたらすのでは
なかろうか。

だが「それはないですね」と前田さんは言う。

かつては新地にビジネスチャンスを見つけ出した。在職中に
はぐくまれたこの能力によって、いまは仕事にかわる楽しみを
見つけ出した。

「ここにきてから、ついつい釣りと油絵にのめりこみまして・・・・・」と新たな能力を開花させた様子であった。

週刊文春記事「待ってました定年」第327話より抜粋)


posted by Mark at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 白浜でセカンドライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
大丸通信販売 Dmall.jp (大丸ホームショッピング)ゆかたを贈ろう
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。