新着記事

2007年05月04日

・・・森さんご夫妻、豊中から移り住んで3年

ご主人の在職中、奥様はPTAや地域の活動に熱心に参加。
退職後もお二人で韓国旅行に出かけたり、ご主人はスペイン語の
教室に通うなど行動範囲も広く忙しく過ごされていました。
奥様が腰痛になってからは、昔のように外出することはあまり
なくなりましたが、普段のお買い物もご主人が運転する車で一緒に
という仲の良いご夫妻です。

6-3 (WinCE).bmp

マーメイドタウンに決められたきっかけは、
八年前の阪神大震災後。定年後の生活を
もっとゆったり、のんびり暮そう…それなら
是非温泉に入れるところで、と考えるようになり、
ずい分といろいろな場所を見て回ったそうです。

しかしながら交通の便が良くないなど、なかなか気に入る場所が
無いままでした。そんな時に奥様の妹さんから白浜にある
マーメイドタウンのことを教えてもらいます。

実は奥様は白浜出身、こども時代を過ごしたなじみ深い町
ではありましたが当時とは町の様子も変わって、大きなお店
なども増えていました.

こうして、お二人は納得いくまで何度もマーメイドタウンに
足を運び、
●温泉がある
●駅から近く交通の便がよい、かつ景色も良い抜群の立地
●地元の人だけでなく他府県の人も多い、開放的な雰囲気
が気に入りマーメイドタウンに決まったのです。

さて実際に住んでみての感想はいかがでしょうか?

「思ったより風が吹く日が多いね、でも気候は暖かいですよ。
お風呂は一日三回は入っています。
マーメイドの温泉はちょっと低目なので、うちでは装置を
つけて一定の温度に設定していつでも入れるようにしてるんですよ」と、ご主人の願いどおり毎日自宅で温泉を楽しんでおられます。

今のところこれといった趣味はないと言われるご夫妻ですが、
庭の植木や花、お部屋の鉢植えなど育てている植物は多種多様。

垣根はお茶の木で、「ほんとはこれでお茶が飲めるかな、
と楽しみに思っていましたのに、どうやって『お茶の葉』に
するのか私も知らなくて、お茶の葉を摘んだ経験があるという
友人に聞いても、
『さあ?こどもの頃だったし、どうするのだったかしら・・』でしょう。お茶にするつもりで薬は使ってないから、そのうち
いくつかは虫に食われるしね……」
と茶目っ気たっぷりに話される奥様。

自分で丹精こめて育てたものを味わいたくて、鉢植えの金柑や
苺も育てておられるそうです。


posted by Mark at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 白浜でセカンドライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
大丸通信販売 Dmall.jp (大丸ホームショッピング)ゆかたを贈ろう
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。