新着記事

2012年07月04日

琵琶湖生活

http://www.shoei-web.co.jp/
posted by Mark at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

東日本大震災の被災者の方へ 岡山の農家を1年間無料でお貸しします。

東日本大震災の被災者の方へ

今回の大地震・津波で家や畑をなくされた方をテレビでみるにつけ、
グローバル・シーとしても何か貢献したく、岡山県赤磐市吉井町に
ある農家を1年間無料でお貸ししたいと思います。

ご希望の方は、グローバル・シー稲岡までご連絡頂きます様
よろしくお願い致します。

下記サイトご参照。
http://inakagurashi-okayama.seesaa.net/

ある程度の家財道具と農機具等も揃っていますので、直ぐに
入居可能です。

連絡先: 050-7529-2085
e-mail: info@global-c.biz
posted by Mark at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

 田舎暮らしをしたいと考えている方必見!!!      富士北麓 早春の現地見学 のお知らせ


http://www.town.fujikawaguchiko.lg.jp/ka/info.php?if_id=1646

みなさん、こんにちは、富士河口湖町役場で田舎暮らしのお手伝いを
している 渡辺大介(わたなべ だいすけ)です。

今、富士河口湖町を含めた富士北麓では、田舎暮らしをしたい方が増
えています。そこで今回、少ない機会で地域についての情報すべてを
提供できる機会をご提供できることになりました。その名も、、

「富士北麓 早春の現地見学会!!」

です。今回のツアーの面白さは、、、

1.役場だけじゃなく、民間の人からも生の情報が聞ける
2.先輩移住者との懇親会があるからリアルな田舎暮らしを想像できる
3.地域の概要だけではなく、物件や生活の現場を体感できる

という3点です。まだ少し寒い時期ですが、どうか旅行+アルファの気
持ちで富士北麓の知られざる魅力を知っていただければと思います。
posted by Mark at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

田舎暮らしにシンプルライフ。ライフスタイルいろいろ

◎四畳半の住人
http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=mag2news050615
→東京の四畳半暮しを紹介。鍋で炊く美味いメシや梅干し作りなど一家言あり

◎シンプルライフできれいに暮らす
http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=mag2news050616
→「極力ものを持たずに、シンプルな居心地のいい部屋をつくる」試み

◎男の趣肴ホームページ
http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=mag2news050617
→手打ちうどんや味噌、ぬか漬けなど、素材から自分で手作り

◎田舎暮らしで、楽しいスローライフ
http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=mag2news050618
→名古屋から鹿島県に移住して。5人家族の田舎暮らしの記録

◎都会での自給自足生活
http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=mag2news050619
→自家製食品のつくりかた。家庭菜園の話題など

◎隠し湯生活−げんれい工房
http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=mag2news050620
→風呂なしアパートに、こっそりお風呂を作ってしまった話
posted by Mark at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

5-21-2008

続 途は続くよ 農業の夢を実現 近沢行洋さん 家族と別々、田舎暮らし
中日新聞
「私は都会型の人間で、田舎暮らしは無理。友達もいるし、趣味の和太鼓も続けたい」それでも近沢さんは「太り気味だったが、体重が十キロ減った。血圧も下がり、若返った」と笑う。「八十歳ぐらいまで働きたい。今が踏ん張りどき。死ぬ気でやりますよ」 あかねさんも、 ...
このトピックに関する記事をすべて表示する 移住・交流推進機構(JOIN)が田舎暮らし無料セミナーを定期開催!
ValuePress!(プレスリリース)
“田舎暮らしに関心の高い層”に対して定期的にセミナーを開始します。核にして開催していきます。また、多様なライフスタイルに触れて、マガジンなどを通じて関心のある層へ広く告知していく予定です。いろいろな実例と失敗しない秘策をご紹介します。 ...
このトピックに関する記事をすべて表示する 小原和紙で紙芸60年
読売新聞
「田舎暮らしは嫌」と、中学から親族を頼って東京へ出て、東京外国語専門学校に進んだが、体調を崩し、1947年、古里に戻った。翌48年6月8日、加納さんにとって運命的ともいえる出会いがあった。当時、小原和紙を再興しようと、村に滞在していた碧南市出身の芸術 ...
このトピックに関する記事をすべて表示する 十日町市松代地域で田舎体験
新潟日報
地元農家の指導の下、東京都葛飾区の小松中の生徒が田植えに挑戦、田舎暮らしを肌で味わった。越後田舎体験は1999年、旧東頸城郡の6町村が広域連携して始めた事業。農業体験のほか、春山散策や雪国体験など、年間を通じて豊富なメニューをそろえ、首都圏の小中学生を ...
このトピックに関する記事をすべて表示する 【ゆうゆうLife】家族がいてもいなくても(68)ちょっといい“夫婦別居”
MSN産経ニュース
ある夫婦の場合、夫は故郷の空き家になった実家での 田舎暮らしを切に願っていた。妻は、そんなこととんでもない!と…。そのなんにもない不便さこそが、素晴らしい、と夫は主張して譲らない。都会派の妻は、むしろ、都心の便利なマンションで暮らすのが長年の夢だったり ...
このトピックに関する記事をすべて表示する (新潟)首都圏からの田舎体験受け入れ始まる(新潟)
読売新聞
十日町市などで、修学旅行として田舎暮らし体験に訪れる首都圏の小中高校生の受け入れが始まった。15日は、同市蓬平の棚田で東京都内の中学生が、農家の手ほどきを受け、田植えに汗を流した。田植えをしたのは、葛飾区立小松中の3年生約110人。 ...
このトピックに関する記事をすべて表示する 20人が基礎知識学ぶ 田舎暮らし研修
紀伊民報
和歌山県古座川町直見の県ふるさと定住センターは14日、I・Uターン者を対象に本年度1回目の「田舎暮らしサポート研修〜ビギナーズファームコース」を開いた。20人が集まり、基礎知識を学んで野菜の種をまいた。この研修は、参加者に農林産物の栽培技術や加工技術を ...
このトピックに関する記事をすべて表示する サイコー農家民泊 吉賀 作業体験や山菜採り好評 参入希望者に町が支援
読売新聞
農家民泊で流入人口が増えれば、空き家バンクなどの町の移住促進施策や、市立柿木中旧校舎を活用した「田舎暮らし体験ツアー」や都市住民対象の棚田オーナー制度など民間主導の交流事業に好影響を与えそう。町政策企画課は「受け入れ先が増えれば、将来は修学旅行も ...
このトピックに関する記事をすべて表示する 【前編】のんびり一転、注文に応じる日々
読売新聞
しかし、移住後1年、郵便配達員のひと言が多田さん夫婦の田舎暮らしを大きく変えた。第二の人生がパン屋として始まったのだ。森の前の自宅。パン工房などは後から増築した三郷ジャンクションから常磐自動車道を154キロ、いわき勿来インターチェンジを降りて田人(たび ...
このトピックに関する記事をすべて表示する
posted by Mark at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月13日

5-13-2008

棚田の上ゆったりと 30匹のこいのぼり
両丹日日新聞
毛原でログハウス作りなどに取り組む「田舎暮らし応援団おおえ」が、多くの人たちに景観のいい棚田を見てもらおうと、こいのぼりを掲げる計画を立て、市民に古くなったこいのぼりの提供を呼びかけた。集まったのは、まごい、ひごい、吹き流しなど大小約30 匹。 ...


田舎暮らし満喫ツアー:23人、田植え挑戦 白石市、交流・定住人口増を狙う /宮城
毎日新聞
白石市田舎暮らし体験ツアー」が10日、1泊2日の日程で始まった。仙台など都市部から参加した9家族ら23人が田植え作業に挑戦するなど農業体験を楽しんだ。初日は、中山間地に位置する福岡蔵本地区10アールの水田で、地元農家の半沢洋一さん(60)の指導を受け ...
posted by Mark at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

5-11-2008

第二の人生原村で
読売新聞
地元の不動産業者やペンション経営者ら15人が研修を受けた上で、先月から「田舎暮らし案内人」として活動している。今年度は、東京と名古屋に出掛け、「 田舎暮らし出張相談会」を開く予定だ。昨年10月には、1泊2日で村内を見てもらう「現地ツアー」を実施。 ...
このトピックに関する記事をすべて表示する かやぶき民家、自費で再生へ
京都新聞
兵庫県出身の西尾さんは京都市内の大学を卒業後、田舎暮らしと職人の世界に興味を持ち、同町内の建築会社でかやぶきの修行をした。一時期、亀岡市内の住宅会社で営業も体験したが、現在は屋根職人として独り立ちしている。再生に取り組んでいるのは自宅近くのかやぶき ...
このトピックに関する記事をすべて表示する 恐竜効果、次の一手は? 丹波市が「丹波竜の里計画」
神戸新聞
ハード整備は展望台や遊歩道の設置などにとどめ、田舎暮らしを垣間見たり、自然を学んだりできる地域としての魅力を磨いていくという内容。宿泊施設として空き家を利用するなどのアイデアも盛り込んだ。「地元でさえ恐竜は浸透してない。恐竜で住民は動かへんで」 三月 ...
このトピックに関する記事をすべて表示する 移住「支援ネット」誕生 上天草市 希望者同士で交流 田舎暮らしの不安解消
西日本新聞
市への定住を決めた6家族9人が参加し、お互いに親交を深め合うと同時に、田舎暮らしの“先輩”として、移住を希望する都市住民の相談に応じる。市は人口減に歯止めをかけて地域の活力を取り戻そうと、都会に暮らす団塊世代をターゲットに田舎暮らしを後押しする対策を ...
このトピックに関する記事をすべて表示する 東京から一時間の田舎暮らし! 「湘南番外地スローライフ」
マイコミジャーナル
東京で暮らしていた子どものころ、家のそばに荒川の河川敷があった。そこには小さな池が点在していて、父や祖父に釣れられて、よく釣りに行った。大きな獲物はコイやフナ、たまにライギョ。釣りの合間に、竹製の柱を十文字に交差させて網を張った"四つ手網"と呼ばれる箱型 ...
このトピックに関する記事をすべて表示する 「100坪実験農場」開園 伊那でIターン者ら10組参加
信濃毎日新聞
条件がぴったりでした」2年半前に田舎暮らしを求め東京からIターンした飯島町七久保の石田忠義さん(41)、千瑞子さん(39)夫妻は、喫茶店の開店が目標だ。「農業を通じて地域のことを知りたい。いずれは自作の食材を店で使いたい」と忠義さん。 ...
このトピックに関する記事をすべて表示する 盛岡市が規制緩和へ 市街化調整区域
岩手日報
田舎暮らしを求める団塊世代や就農を希望する担い手などの受け入れを可能にして、土地利用の活性化や集落維持につなげる。市議会12月定例会をめどに提案し、来年4月の施行を目指す。市は、市街化調整区域内で、新規居住者らの住宅建築が可能となるような規制緩和を ...
このトピックに関する記事をすべて表示する
posted by Mark at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

5-8-2008

生き生き100坪実験農場が開園
長野日報
田舎暮らしがしたいと東京から3年ほど前に来たという飯島町の石田忠義さん(41)と千端子さん(39)夫婦は、「農作業には土地が必要だったので助かる。将来的に兼業で農業ができれば」と意欲を見せていた。栽培する野菜の品種は自由に選べるが、原則として無農薬無 ...
このトピックに関する記事をすべて表示する 茨城の田舎に住みたい
読売新聞
団塊の世代を中心に田舎暮らしを希望する人々が増えている。一方、少子高齢化に歯止めをかけようと、移住者の呼び込みに力を入れる自治体の取り組みも目立ち始めた。「ようこそ、大子町へ」。4月20日に行われた「山田ふるさと農園」の契約調印式で、綿引久男町長は ...
このトピックに関する記事をすべて表示する 鹿屋市串良町の柳谷町内会「やねだん」 全国の芸術家が作品展 30人、集落に飾る
西日本新聞
福岡市の画家、弓削有友子さん(30)は「田舎暮らしは刺激になった。今度は半年ぐらい滞在したい」。集落で活動する画家、石原啓行さん(36)は「芸術家同士の交流は人脈が広がり、いい影響を受けた」と喜んだ。町内会の豊重哲郎会長は「集落の子どもたちが芸術に ...
このトピックに関する記事をすべて表示する
posted by Mark at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月22日

家庭用耕耘機リトルファーマー

ちょっと離れた家庭菜園や、遠くの畑で電源いらずで手軽に使える
  「家庭用耕耘機リトルファーマー」。
  女性・シニアの方でもらくらく操作で耕耘作業に大活躍です。

  エンジン式ならではの約1馬力のハイパワー。
  市販のオイル混合ガソリン0.6リットルで、約45分の連続使用が可能。
  冬の間に固まってしまった土も、これ1台で簡単に耕すことができます

家庭用耕耘機リトルファーマー

 
posted by Mark at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

究極のお米作りにチャレンジする!!名づけて「箱田んぼ」。 「箱田んぼ」 5460円 (本体価格:5200円)

長野県で栽培されている品種「コシヒカリ」の苗キットを蓼科高原からお届け。自分で丹精込めて作ったお米を食べる。究極のお米作りにチャレンジする。子供と一緒に「食」の大切さを研究してみる。

いろいろな楽しみ方が出来る苗キットは、名づけて「箱田んぼ」。育てる楽しさ、食べる美味しさ、自分で作ったお米は、嬉しさ・感激とも倍増するはずです。

「箱田んぼ」

posted by Mark at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月12日

たんば田舎暮らしフォーラム

丹波に暮らす実践者が本音で体験を語ります
日時:2007年9月1日(土)13:00〜16:40 会場:西宮市フレンテホール
   2007年10月21日(土)13:00〜16:40 会場:宝塚市ソリオホール
参加費:無料
問合せ先:財団法人兵庫丹波の森協会たんば・田舎暮らしフォーラム係
TEL・FAX:0795−73−0933
メール:m-kyokai@tanba-mori.or.jp
申込み方法:氏名・住所・電話番号・メールアドレス・参加人数・希望会場を
明記の上、メールかFAXにてお申込みください
詳細はブログにて http://voluntary.jp/weblog/myblog/29659/1914387#1914387
posted by Mark at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

お勧めの2冊

コンテナで野菜づくり
icon

コンピューターで管理された水分調節で高級マンゴーを育てたり、長年の研究と試行錯誤出来上がった甘いトマト。などなど、ハイテクの登場で、近年更に進化を遂げている農業。
これからは、農業っすよ。(遅い)

という事で、今年の春から新妻も小さいお庭でプランター菜園を始めました。
ラインナップは、しそ、カラーピーマン、パクチーのちょっと癖のある面々。
新妻(だけ)が毎日でも食べたい、という願いからこの3種が選ばれました。

しかし、ちょっと傾いていた台の上に乗せていた事からしそがひっくり返って大惨事になっていたり、ピーマンの葉っぱの上で、アリとアブラムシが取っ組み合いの格闘をしていたり、ハダニに美しい葉をスカスカにされたり、よとう虫(夜盗虫)にしそをがっつり食べられたり、と予想もしなかったやられっぷり。

そして、せっかく芽がでたのに私には出来ない!、と怠っていた間引き、脇芽摘みが大事だって事、やってみて初めて実感しました。
アルマゲドンのブルース・ウィリスのごとき、間引きとは遺された者への「愛」ゆえ。
とても奥深いっ。

インターネットでも野菜作りのノウハウは調べられますが、初心者は写真などで脇芽の摘み方などがちゃんと載っている本がかなり役立ちます。
お薦めはこの2冊。



icon
icon

小さな庭のハーブ&ベジタブル
icon


icon
icon

posted by Mark at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月09日

2007年01月14日

田舎暮らし関係の本

田舎暮らしを考えている人は、まず本を読んでみて
イメージしてみましょう!





















posted by Mark at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月08日

岡山で田舎暮らし!

グローバル・シーでは、

 岡山で田舎暮らしを体験したい方、
 住んでみたい方、
 農家を買ってみたい方を

 募集しています。

【岡山で田舎暮らし!】

ブログをオープンしました。!

http://inakagurashi-okayama.seesaa.net/

直ぐ横は、ゴルフ場のコースですので、
野菜を作りながら、夫婦でコース周りを
散歩したり、ゴルフをすることもできます。

https://www.global-c.biz/otoiawase.html

ご興味のある方は上記のお問い合わせに
希望事項を書いてご連絡下さい。

https://www.global-c.biz/otoiawase.html
posted by Mark at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
大丸通信販売 Dmall.jp (大丸ホームショッピング)ゆかたを贈ろう
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。