新着記事

平成23年度における租税条約等に基づく情報交換事績の概要

http://www.nta.go.jp/kohyo/press/press/2012/joho_kokan/

経済のグローバル化に伴い、企業や個人の海外取引や海外資産の保有・運用が増加する中、国税庁では、租税条約等の規定に基づく外国税務当局との情報交換を積極的に実施することにより、適正・公平な課税の実現に努めています。
 今般、平成23年度(23年4月〜24年3月)における情報交換の実施状況がまとまりましたので報告します。
平成23年度における租税条約等に基づく情報交換事績の概要(PDF/416KB)
posted by Mark at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | いい情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月22日

フィリピン/セブ島のコンドへの投資案件

目下、セブ島のホテルオーナーと共同で105室のコンドミニアムを
建設し、投資収益を得るプロジェクトの投資家を募集しています。

投資金額:8350万ペソ (1億6700万円)
投資時期:契約時、2013/7、2013/11)

期待収益: 8500万ペソ (売却せず、そのまま保有するのも可)
      税金は30%

リスク:販売予定の部屋が売れないリスク(一番売れやすいStudio
    タイプに特化しているので、問題なし。

   :不動産価格が上昇しないリスク(そのまま保有可能)

   :為替が円高になるリスク(逆にペソに対して円安になる予想もあり)

保証: 土地を担保。共同で新会社をつくり、その会社が担保権を取る。
    日本の投資家は70%所有。

    セブ在住の日本人が責任を持ってサポートします。

ご興味のある方がおられましたら、グローバル・シーまでご連絡ください。
posted by Mark at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外移住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

東日本大震災から8ヶ月


東日本大震災復興特別区域法案は、もともと農地だった土地を住宅用地などに利用できる土地利用再編の特例や復興特区内で新たに人を雇用したり、...つづき・・・
(引用元:この記事の著作権は、rescuenow.netに帰属します。)
posted by Mark at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味と教養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
大丸通信販売 Dmall.jp (大丸ホームショッピング)ゆかたを贈ろう
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。